ミニチュア試験管入標本/妖精の鱗粉


妖精の鱗粉
妖精の鱗粉

ステルクララに棲む蝶系の妖精の鱗粉を採集したもの・・・・・という設定です。
実際はローマングラスのパティナです。
ローマ帝国支配下の頃に製造された硝子器が乾燥した砂の中に二千年も埋まっている間に表面が銀化したものを (ローマングラス)掘り出し、洗った後、再度、セメントのようにこびりついている銀化部分をクリーニングします。
ローマングラスの表面が虹色に輝く銀化部分をパティナとよびますが、妖精の鱗粉は、クリーニングの際に剥がれたパティナ剥離片を集めておいたものです。
一見すると灰のようですが、 黒い紙に接着剤を薄く塗り、この粉を広げるとキラキラします。

ローマングラスの欠片は試験管に入れると埋もれてしまうので、入れないでお届けします。
ローマングラスについては、以前にも書いたのですが、再度ブログに説明を書きなおしておきました。  >>パティナ標本壜入り

商品番号 mt_patina
商品名 ミニチュア試験管入標本/妖精の鱗粉
定価
販売価格 324円
税別価格 300円
メーカー
送料区分 送料別
配送タイプ 普通
在庫 バリエーション別の在庫状況

ローマングラスの欠片:
数量: