ミニチュア試験管入標本/ローマングラス


ミニチュア試験管入標本/ローマングラス
ミニチュア試験管入標本/ローマングラス

ローマ帝国下に製造された硝子製品が、永い間土の中に埋もれていて、掘り出された時には硝子と土の成分とで化学変化を起し、表面が銀化し、虹色の光を纏っていました。
この銀化、または銀化した部分をパティナと呼びます。
この硝子を洗浄した後、白っぽくなっている部分をクリーニングで剥離します。
剥離した白っぽい部分にも虹色の光沢があり、また、剥離した下から、さらに美しい虹色が現れる場合も多くあります。

パティナの剥離片がちょうど鱗粉みたいなので、「妖精の鱗粉」という名前でミニチュア試験管入標本仕立てにしてみましたが、 さらに、そこに、ローマングラスの欠片も入れて、今度は、正しい名称にてミニチュア試験管仕立てを作りました。
ローマングラスの欠片については、写真では中に入れていますが、輸送時に埋もれてしまうので、現在は別袋に入れています。

ローマングラスについては、以前にも書いたのですが、再度ブログに説明を書きなおしておきました。  >>パティナ標本壜入り

商品番号 mt_romanglass
商品名 ミニチュア試験管入標本/ローマングラス
定価
販売価格 756円
税別価格 700円
メーカー
送料区分 送料別
配送タイプ 普通
在庫

数量: