虹標本(液晶)


虹標本(液晶)
虹標本(液晶)
虹標本(液晶)

液体と結晶の中間の状態、液晶。
そんな液晶の中でも虹色を遊べるコレステリック液晶を試験管にいれました。

液晶についての説明は年末に小冊子と電子書籍にて制作予定です。
また、カフェではワークショップとして液晶づくりと液晶についての説明をしています。
簡単な説明はブログに書いておりますのでご参照ください。


シリコンキャップはネジ式にしました。はずすことは可能です。
ご自分で蓋を加工したり、ただ、眺めていたいだけ・・・という方に。
試験管の形はとんがり底と丸底があります。
密封していますので、温度を下げる場合は冷蔵庫(冷凍庫ではなく)で、温度を上げたい場合は珈琲のカップなどで温めた手で握る程度でお楽しみください。
きらら舎での実験では58℃で虹色を一切呈さなくなりました。途中の温度は細かく刻んで実験していないのですが、3℃から45℃くらいまでの範囲がいいと思います。

また、虹標本は1つ1つ制作しています。試薬は0.01gまで正確に量ることができる量りで、純水は0.1ml単位まで厳密に計量して作っていますが、 濃さの不均一などで虹色を呈さないものができます。
これに関してははねていますが、写真のとおり、同じ温度でもほんのわずかな違いによって呈する色合いが異なる場合もあります。
写真では右のものの色が薄いようなので、少し手で握っていたら、だんだん色が出てきました。
お届けのものには、この程度までの誤差があります(店頭では選んでご購入いただけます)。
また、温度変化によって色が変わります。

詳細、仕様についてはブログに専用記事をまとめています(随時更新しています)ので、ご参照ください。

関連ブログ  >>虹標本(液晶)>>オーロラ電球 ・  >>虹標本製作中/きらら舎実験室

商品番号 rainbow-bottle
商品名 虹標本(液晶)
定価
販売価格 1,512円
税別価格 1,400円
メーカー
送料区分 送料別
配送タイプ 普通
在庫 バリエーション別の在庫状況

種類:
数量: