No Comments

 

カフェのメニューに燐葉石( Phosphophyllite)ソーダが新しく加わりました。

うっすらと緑色は、モナンシロップのグリーンミントをほんの少し入れているせいです。

これにアロマティカスを1枝添えます。

 

アロマティカス/きらら舎

 

アロマティカス/きらら舎

 

まず、下のほうについている葉をとって、香を嗅いでみてください。

 

苦手であれば、そのまま湿らせたキッチンペーパーで切り口を包んでお持ち帰りいただき、ご自宅で下の葉をとって、水耕栽培してください。

ゴキブリが嫌がる植物なので、部屋に置いておくとちょっと安心です。

 

香りが好きであれば、下のほうの葉をすべて取って、まずはかじってみてください。

 

アロマティカス/きらら舎

 

その後、ソーダに葉っぱをすべて入れて、ペストルで軽くつぶしてください。

アロマティカスモヒートソーダです。

 

 

残った枝は濡れたキッチンペーパーで切り口を包み、ビニール袋に入れてお持ち帰りいただけます。

水に挿しておくと1週間ほどで発根します。

その後、鉢に定植してもいいですし、そのまま水耕栽培をしてもよいです。

どんどん成長します。

 

アロマティカス/きらら舎

 

ソーダの画像は土曜日に撮影してアップします。

 


 

【アロマティカスの栽培】

 

持ち帰った枝を水耕栽培する

節の部分から根が出てきますので、節ぎりぎりまで先端をカットして水に挿してください。

 

水はなるべく毎日取り換えて、明るいけれど直射日光の当たらない涼しい場所に(空調の直撃は避ける)置いてください。

根が伸びてくると、上のほうにも成長します。

長くなってきたら、今回と同じように先っちょ2節くらいで切って、下葉をモヒートで楽しみ、水に挿すと増えます。

伸びすぎると、下が木質化して香が薄くなるので、どんどん切るほうがよいようです。

 

日光は好きですが、湿度に弱いので、風通しと水の与えすぎにだけ注意すれば、栽培しやすい植物です。

G除けにもなるらしいので、たくさん挿し木をしていろいろな場所に飾ってみてください。

 

【アロマティカス】

学名:Plectranthus amboinicus

英名:Aromaticus、cuba oregano

シソ科
プレクトランサス属

 

 

About the Author

かよこ さとう ()

Website: https://kirara-sha.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です