2019メダカ発生ワークショップ概要

No Comments

 

 

2019年のメダカ発生ワークショップ。

卵は、とても青くてメタリックな大会レベルのものを使用することにしました。

合せて、同じ繁殖者のピンクメダカやメタリックのものなど、取り混ぜることにしました。

 

4月27日(土)  場所:cafeSAYA

参加費用:¥2160(別途1オーダーが必要です)

モバイル顕微鏡で卵の観察をします。
ステージの異なるものを用意しますので、心臓の拍動がやっとわかるもの、目玉がはっきりしてきたもの、血流までわかるもの、卵の中で頻繁に回転するもの・・・・・もしかすると孵化しちゃうかもしれないステージも・・・。

観察時にはどの卵がどんな親のものなのかを明確にしておきますが、お持ち帰りの際にはお好きなものを5つ選べます。

オプションとなりますが、10個まで持ち帰り卵は増やせます。

(卵の種類によって価格は変わります)

 

時間があれば、ミジンコやミカヅキモ、クンショウモ、ウニのプルテウスなども観察も行います。

 

 

4月28日(日)  場所:A.D.NÉELビーナスフォート店(お台場)

参加費用:¥2160・¥3240

内容は前日のカフェとほぼ同様です。   >>詳細

観察時にはどの卵がどんな親のものなのかを明確にしておきますが、お持ち帰りの際にはお好きなものを5つ選べます。

ヴィーナスフォートでは生体の売買についてとてもセンシティヴなようで、持ち帰りの卵5個は、あくまでも参加のおまけとしての扱いとします。

その代わりにワークショップの参加費用を予め別設定にしました。

¥2160の通常コースでは持ち帰り卵(または稚魚)は5つ。

¥3240のコースでは15個+α

卵は選べませんがいろいろ取り混ぜます。

受付開始は4月12日(金)を予定しています。

 

 

 

Categories: ワークショップ