No Comments

 

7cmのサンキライ蔓のリースをベースに、水晶をつけてみました。

博物コラージュ標本/きらら舎

葉はサンウィーバインというプリザーブド。

実はサルスベリとヘクソカズラ。白いモノはナンキンハゼの種子。

 

水晶というより石英ですが。

真ん中を貫通した穴が開いています。

ここにシリコンゴムを通して、リースの真ん中でぶらぶらするようにしました。

博物コラージュ標本/きらら舎

窓硝子背景。

 

博物コラージュ標本/きらら舎

壁背景。

 

でも。

作るのが楽しいですよね。

 

なので、材料だけでも販売することにしました。

【セット内容】
リース×1
麻紐(吊るすためのもの)×1
シリコンゴム 長め
石英(自然のものなので個体差あります)×1
サンウィーバイン 1本
ヘクソカズラ  蔓の長さと実の数による
ナンキンハゼの種子 1枝
サルスベリの実 2個
できあがった時にギフトにできる透明な箱(古い外国語のページ紙片入り)

>>ご注文

 

作り方の説明は入れていませんが、メールやツイッターDMなどでわからないことは聞いてください。

一応以下に手順だけ書いてみます。でも、お好きなように作るのがいいと思います。

  1. 石英の穴にシリコンゴムを通して一方の穴の入り口で結ぶ(5短いほうもcmくらい残しておく)
  2. 長いほうをリースに巻き付けて短い方の先端とリースの上で結んで切る
  3. 再度シリコンゴムを石英の穴に通して、さきほどとは違う穴の上で一回結ぶ
  4. リースの反対側にシリコンゴムの先端をぐるぐる巻いて、短いほうとリースの上で結んで切る
  5. サンウィーバインの先端をリースの隙間に差し込んでぐるぐる巻いていく
  6. ホットボンドで適宜固定する
  7. ヘクソカズラの蔓をぐるぐる巻いていく
  8. ホットボンドで適宜固定する
  9. 先にホットボンドをつけた場所を隠すように各実を接着する
  10. 麻紐を割っかにして、リースをくぐらせて、吊るせるようにする

 

石英の留め方、植物の接着方法などは独自に編み出してみてください!

作ったものは、メルカリやminnneなどで販売も自由です。

 

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です