No Comments

 

 

ミョウバン結晶について、いびつに成長してしまった結晶を蛍石の劈開割りのように劈開を利用して、整形することはできるのかというご質問をいただいたので、回答をここにまとめておきます。

 

クロムミョウバンの種結晶をある程度育てた後、カリミョウバン(カリウムミョウバン)の育成液に入れて続きを育てた結晶です。

 

カリミョウバンの結晶部分の1面に二重になるように結晶が育ってしまいました。

 

そこで二重になった部分を劈開(というか、結晶の面)に沿って割り落としました。

 

割った面はきれいではありません。

 

ミョウバンは結晶が育ってできた面は磨き上げたように平らです。

逆に蛍石は幾何学模様みたいな凹凸があるものが多いようです。

水晶にもC軸に垂直な、魚眼石はC軸に平行に条線があります。

 

 

 

 

蛍石の劈開面は平らです。

しかし、ミョウバンの劈開面は凸凹があります。劈開 {111} にわずか、断口貝殻状が生じるのです。

 

 

 

お湯で表面を溶かしてみました。これを根気よくやればあるいは平らになるのかもしれません。

「ミョウバンは劈開を利用して割って整形できなくもないが、劈開面はきれいには仕上がらない」というのが回答です。

Categories: ラボラトリー

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です