No Comments

 

 

 

理科室クラブのメインページは note に綴っています。

ここでは、それのフォロー的な説明や、販売物のご案内などを記載します。

 

理科室クラブ/クマムシ のメインノートはこちら   >> 1.クマムシ

 

 

 

 

【クマムシの観察】

クマムシの採集と捕獲については「理科室クラブ/ 1.クマムシ」をご覧ください。

クマムシセットご注文はこちら  >>きらら舎二号館

 

 

(1)ビニール袋から苔を取り出して、茶漉しにセット
(2)(1)をタッパ(フタははずす)の上に置く
(3)ミネラルウォーターかカルキ抜きした水を(2)にかける
(4)落ちてきた水を モバイル顕微鏡(Tissue)で観察する

 

茶漉しをセットしたまま、上にタッパのフタをのせておけば数日、そのままでOKです。
クマムシを観察できたら、また苔に戻してあげるとよいです。
この時、水が苔から滴り落ちないようにします。
苔はタッパに直に入れて、フタをして涼しい場所に保管すればクマムシを飼育することができます。

 

 

 

【クマムシの飼育】

クマムシは種類にもよりますが、ワムシを食べるようです。

ヨコヅナクマムシは銘柄指定でクロレラを餌とするそうです。

苔のまま保存すれば簡単ですが、それだと観察する時に都度水をかけて落とすしかありません。

同じクマムシをずっと飼育する方法・・・・・

これについては、後日記載していきますので、当面は苔のままで飼育しておいてください。

クマムシにはメスしかいないそうです。ミジンコみたいですね。

 

「クマムシ、殖えましたよ~~~」なんて、生物部部員間で報告し合えたら楽しいです。

 

Categories: 理科室クラブ

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です