No Comments

 

ウニ発生実験/きらら舎

 

第一回/2020年2月22日(土) 15:00~18:30

一応この日を予定していますが、海水温の状態を見て遅らせる場合もございます。
確定は1月中旬を予定しています。このページやツイッターでお知らせします。
確定次第1月26日(日)より、ご予約受付も開始します。

 

参加費用:3300円(税込み)別途1オーダーをお願いします。

(1) 放精・放卵 体験(15:30~16:00)
(2) シャーレに残った「卵」をスライドガラスで観察(~16:20)
(3) シャーレの精子をスライドガラスで観察(~16:20)
(4) (2)に海水を少し足し、(3)に海水を少し足し、(3)を爪楊枝で(2)に混ぜて観察(~16:30)
(5) 受精膜が上がるまで観察(~16:40)
受精後約1~3分くらいではっきりわかるようになる
(6) 前日に受精させたものをモバイル顕微鏡で観察する
参加者のみなさまが各自のスマホやタブレット上で受精させて観察するのと同時に16:30に三角フラスコで受精を行います(16:50)。
下の太字の段階を観察・撮影予定です。
  • 受精後 約 90分・・・・・・2細胞期(18:20)当日受精させたものをお帰り前に観察します。
  • 受精後 約130~150分・・・4細胞期
  • 受精後 約170~210分・・・8細胞期(当日午後13:30頃に受精させたもの、ただし前日の精子と卵の生存状態によります)
  • 受精後 約210分・・・・・16細胞期
  • 受精後 約10~12時間・・・孵化
  • 受精後 約20~24時間・・・原腸胚(前日17:00頃に受精させたもの)
  • 受精後 約36時間・・・・・プリズム幼生
  • 受精後 約48時間以降・・・プルテウス幼生

ウニ発生実験/きらら舎

 

三角フラスコで受精させたものは、培養フラスコ(250ml)に入れてお持ち帰りいただきます。

餌1か月分が付いています。

販売業者が指定している餌の使用期限は1か月ですが、「冷蔵庫野菜室で保管」「一日一回、シェイクする」をすればウニの変態まで2か月近くかかっても問題なく使えます。

培養して使うより濃縮したものを用いるほうが飼育が安定していたため、2020年より培養株の配布をやめました。

ワークショップにご参加できなかった方は通販でも販売しておりますので、そちらをご利用ください。

>>ポケット飼育キット注文

 

 

4腕プルテウス → 6腕プルテウス → 8腕プルテウス と成長します。

ワークショップにご参加いただいた方は、6腕プルテウスまでに全滅してしまった場合には、カフェにてリベンジ個体を無料で差し上げます。
ご予約いただき、その際に、「リベンジプルテウス希望」とご明記ください。その際にポケット飼育容器をご持参ください。
全滅を確認してからリベンジ個体をお渡しします。

(きらら舎での販売が終了~配布個体がなくなった~次第、リベンジ個体も配布終了します)

成長に合わせて、きらら舎にいるものを撮影して写真をアップしていきます。参加された方も写真をご提供いただければ幸いです。

8腕プルテウスになってから、だんだんと形が丸くなってきます。6腕プルテウスでは容器の外から肉眼でも確認できるくらいのサイズになります。

ウニに変態する時期になったら、変態用のセットを販売します。

ワークショップに参加された方、ポケット飼育キットをご購入いただいた方は、カフェまでお越しの上(要予約)説明を聞いてお持ち帰りされる場合は無料ですが、発送の場合は有料となります。

>>ウニ変態用キット注文

 

ウニに変態したら、そのままの容器で飼育を続けてください。

容器のまま、180倍(ティシュー)、200倍(アナトミー)のモバイル顕微鏡で観察・撮影ができます。

ウニがうまく容器の下にいない場合には、上から観察できる「フリー(60倍)」を使うとよいでしょう。

ウニの飼育に関しては、その時期になったら別途ページを設けてサポートします。

 

 

 

 

第二回/2020年4月 日曜日

一応この日を予定していますが、海水温の状態を見て遅らせる場合もございます。
確定は2月下旬を予定しています。このページやツイッターでお知らせします。

会場:A.D.NÉEL お台場ヴィーナスフォート店

参加費用:3850円(税込み)

3月末~4月上旬の土曜日に磯研修に行きます。カフェもお休みです。

翌日の日曜日にA.D.NÉELにてワークショップを行います。

お台場でのワークショップの際には必ず海水の採集を行っています。満潮時刻によって、A.D.NÉELワークショップの前に採集するか後になるかが決まるため、時間も2月下旬でのお知らぜとなります。

内容は2月と同じですが、ウニの状態によっては変わる場合があります。
さらに、磯研修で採集した生物の観察・撮影も予定しています。

 

Categories: ワークショップ

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です