2 Comments

 

 

【蛍石/Fluorite】

Okoruso Mine,
Ojiwarongo,
Ojiwarongo District,
Namibia

ナミビア産の蛍石。カフェ在庫です。

現在、ナミビアの蛍石を販売している業者がほぼいなくて、ときどき売られているのは数百ドルなので、所有在庫だと思われます(新入荷ではない)。

このくらいのサイズ・価格だと扱いやすいのですが、コロナ収束を願います。

 

3A  10.2g

ナミビア産蛍石/きらら舎

ナミビア産蛍石/きらら舎

ナミビア産蛍石/きらら舎

オコルス鉱山の蛍石には大きくわけて2つの種類があります。

1つは緑の上に紫が育ったもので、角度によって緑、青、紫と変わります。

もう1つは今回の標本のように、黄色の上に赤紫が育ったもので、バラのような模様に見えるものが多く、光に翳すととても美しいものです。

割合からするとバラのほうが少ないです。

 

B  80.0g

ナミビア産蛍石/きらら舎

ナミビア産蛍石/きらら舎

ナミビア産蛍石/きらら舎

こちらは緑系。

緑系はブラックライトで鮮やかな青色に蛍光します。

 

3C  66.0g

ナミビア産蛍石/きらら舎

ナミビア産蛍石/きらら舎

ナミビア産蛍石/きらら舎

 

>>ご注文

About the Author

かよこ さとう ()

Website: https://kirara-sha.com/

2 Replies to “ナミビア産蛍石3月A~C”

  1. こんばんは。この美しいバラのような蛍石は販売中なのでしょうか? 教えてくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です