No Comments

 

中国福建省の蛍石です。

 

 

A

 

ビンガムブランチャード鉱山の蛍石にちょっと似ているのですが、ビンガムのものより少し渋い青色です。

小さな水晶の結晶がみっしり共存しているところもビンガムに似ていますが、こちらの水晶は煙水晶。

さらに渋いです。

 

 

B

こちらは2017年新産の永春のものです。

タンザナイトカラーの蛍石と呼ばれているもので、結晶が立方体ではなく、立方体の角を落とした形。

 

 

C

 

これも永春の蛍石ですが、真っ白な犬牙状の方解石も美しい標本です。

Categories: 第壱標本室

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です