No Comments

 

【中空球状硫黄/Sulfur】

 北海道大湯沼

北海道のニセコパノラマライン(道道66号線)沿いにある温泉の湧き出す沼、大場沼。

沼底から二酸化硫黄を含む約120℃の高温ガスが噴気し、湯面に昇ってきては弾けて消える気泡は地獄の窯のようです。

硫黄は火山の噴火口付近や火山岩の隙間にできますが、ここの硫黄は、こうして浮き上がってきたガスに含まれたものが冷えて固まってできます。そのため、空気を内包したまま固まって中空となっています。まるで浮き球のような硫黄の球が水面を漂う様子も観察できます。

 

中空球状硫黄/きらら舎

中空球状硫黄/きらら舎

中空球状硫黄/きらら舎

 

Categories: 第壱標本室

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です