No Comments

 

 

【フウセンカズラ(風船葛)】

学名:Cardiospermum halicacabum

英名:Balloon vine

ムクロジ科
フウセンカズラ属

フウセンカズラはアジア・アフリカ原産の蔓性植物です。

春に種まきをして夏にぐんぐん蔓を伸ばし、白い小さな花を咲かせます。

 

フウセンカズラ/きらら舎

 

花のあとに、風船のような実ができます。

最初は小さいのですが、どんどん膨らみます。

風船の名のごとく、中は空洞で種が3つ入っています。

 

フウセンカズラ/きらら舎

 

熟してくると茶色になります。

 

フウセンカズラ/きらら舎

 

完全に熟したものの収穫をはじめました。

フウセンカズラ/きらら舎

フウセンカズラ/きらら舎

中にはハート模様と言われる種が入っています。

だいたい3粒です。

ハート模様のほか、猿の顔にもたとえられます。

 

だいたい毎年10粒ほど種まきし、3株を育てます。

それでも蔓はかなり広範囲に伸びていきます。

 

きらら舎でのお買い物時、備考欄に「フウセンカズラの種希望」をお書きいただくと、収穫した実のまま5個を同封します。

タイミングによってはない場合がありますので、予めご了承ください。

Categories: 生物・植物室

About the Author

かよこ さとう ()

Website: https://kirara-sha.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です