No Comments

 

青写真。または日光写真。

常連さんで仲良しの小学生が、きらら舎のワークショップをやり尽くしたというので、新しいモノを始めることにしました。

これはずいぶん前に、ルーチカ手帖で惑星移動写真館(カメラや写真をネタにしたもの)を編集した頃にやっていたものです。

ピンホールカメラにも一時ハマっていましたっけ。

 

今回は小学生でも手軽にできる、箱カメラ2種類です。

1つは教材として販売されている箱カメラ。キットを買って一人でやるのは少し難しいかもしれないし、あまりきれいな写真は撮れないので、一緒にやっていきましょう。

もう1つは特別な感光紙を使って、いろいろな写真を撮影してみます。

これは19世紀から続く青写真プロセスに基づいています。

太陽の光を遮るオブジェクトは白で表示され、残りの紙は鮮やかなプルシアンブルーに変わります。

 

青写真クラブ/きらら舎

青写真クラブ/きらら舎

 

以下がメニューになっております。まずはキットを買っていただき、説明どおりに実行して、完成したものの写真を送ってください。

それぞれのページに作品を紹介していきます。

感光紙が到着次第スタートします。

 

  1. 太陽の軌道を写す箱カメラ
  2. ウニやヒトデの骨格標本を写す
  3. 写真を青写真に写す
  4. 押し花レイアウト写真
  5. ・・・・・続く

 

 

 

Categories: 抽斗室

About the Author

かよこ さとう ()

Website: https://kirara-sha.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です