No Comments

 

酸化還元の理科実験です。

 

【キット内容】¥2200

・ベースの水溶液(水酸化ナトリウム)
・グルコース(ブドウ糖)
・メチレンブルー
・インディゴカルミン
・ねじ口試験管2本
・スポイト

ベースの水溶液+グルコース、メチレンブルー、インディゴカルミンは後から単品でもご注文いただけます(各税込¥550)。

 

>>ご注文

 

魔法水ワークショップ/きらら舎

【実験の内容】

水酸化ナトリウムは濃さを変えて行うとさらに楽しいのですが、そのまま排水溝に流せる濃度(2%)にしています。これはパイプフィニッシュと同じです。

ただし、手に付くとぬるぬるする(手の皮のタンパク質が溶ける)ので、手に付かないようにするか、手袋を装着してください。

  1. 水酸化ナトリウムを湯煎して温め、グルコースを溶かします。
  2. スポイトを使って試験管(AとB)に(1)を半分~6分目入れます。
  3. Aにメチレンブルーを1滴ずつ加えていきます。
  4. 軽く振ると色が消えます。
  5. 軽く振っても色が消えにくくなるまでメチレンブルーを1滴づつ加えていきます。
  6. 少し冷めたら、少し激しく試験管を振ります(きちんとキャップを閉めて、周りにぶつかるものがないか注意して振ってください)。

メチレンブルーは金魚の水カビ病の治療薬としても使われています。その殺菌効果は相手を酸化することによるもので、逆にメチレンブルーは還元されやすいといえます。

【原理】

メチレンブルーはグルコースによって還元されてロイコメチレンブルーという物質に変化し、色が消えます。水酸化ナトリウムは溶液をアルカリ性にし、グルコースがメチレンブルーにはたらいてロイコメチレンブルーへ変化する反応をおこしやすくする役割をしています。

試験管を振ると、試験管内部の酸素が水溶液に溶け、メチレンブルーは酸化されて青色になります。しかし、すぐにグルコースによって還元され、また無色に戻ります。

 

 

同様にインディゴカルミンでも実験を行います。

インディゴカルミンは、くわえた量や振る強さで赤、オレンジ、黄色、緑といろいろな色を呈します。

いずれも何度か繰り返して遊ぶことができますが、長時間の保管はできません(グルコースを入れた水酸化ナトリウムは変色する)ので1日遊んだら、溶液は水道の水と一緒に捨ててください。

Categories: 魔法錬金室

About the Author

かよこ さとう ()

Website: https://kirara-sha.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です