No Comments

 

 

ビンガム産の八面体蛍石を小さな硝子ドーム仕立てにしました。

固定は一切していません。

底部分はパチンと閉めて接着はしていません。
ものによって少しゆるいものもあります。

プリザーブドの苔を添えています。

 

左:シンプル台

右:装飾台

上に付けるカンも付属します(接着はしません)。

カンについては

左:シンプルカン

右:花型カン

 

少しですが銀色もあります。

Categories: 第壱標本室

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です