No Comments

 

中国福建省の青い蛍石。

 

今日は3つほど。

 

 

9月F

結晶の形は立方体。
小さな標本です。
立方体はとても濃い青色と緑色の爽やかな感じの結晶が混在しています。
光にあてると濃い青色がやや紫がかった青色に見えます。

 

 

9月G

少しピンぼけてしまいました。

 

大き目な立方体結晶は濃い青色で、たくさんついている小さな立方体結晶は透明度が高い緑色です。

 

 

9月H

大きな立方体結晶がいくつか合体しています。

透明度がとても高く、光に翳してのぞき込むと海底のような風景が見えます。

福建省のタンザナイトカラーの蛍石もそうですが、この標本も色が均一ではなく、見る角度によって緑色た青色に見え、またそれらが混ざり合った不思議な陰影のある色に見えます。

本当はこれで八面体を作ったり、ミニチュア試験管にいれようかなとも思ったのですが、海底のような景色が素敵なので、このまま販売することにしました。

 

Categories: 第壱標本室

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です