12月の鉱物新着おしらせ その3

No Comments

 

日曜ワークショップ「ビスマス鍋」に合わせて、海外のビスマス人工結晶を仕入れてみました。

12月の鉱物新着おしらせ その1 で、入荷のお知らせをしましたが、リクエストが多かったのできらら舎通販に回すことにしました。

 

ドイツ産

ドイツ産のビスマス人工結晶は以前からミネラルショーで販売されていました。

ピンク、金色、緑、水色、青と、色が多く出ていることが特徴で、とくにピンクは美しい発色です。

 

ドイツ A

 

 

老眼鏡をかけずに撮影したので、ピントが変ですが、色が豊富なことはわかっていただけるかと。

 

 

ドイツ B

 

 

ドイツ C

サイズはほぼ同じなので、一律1200円(税別)にて販売します。

 

 

UK産は、暖色があまり出ていません。

ただ、青系は美しく、個人的にはこっちのほうが好みではあります。

 

UK A

大き目です。

 

 

UK B

 

そういえば、一つ前の記事で岩塩のことを書きました。

岩塩の骸晶がこんな形になっているものがあって、中国では「傘子塩」と呼ばれています。

傘(あるいはピラミッド)のように見える形も下からみると・・・・・

 

こんな感じです。

こちら側からみたほうが美しいことが多いです。

 

 

UK C

 

UK産は重さの差が大きく、価格の差も大きいので個別に価格を設定しています。

 

 

それから、ビンガム産八面体蛍石のセールアイテム。

小さな三角ブラスコに入れてカフェで販売していたのですが、セール価格でも価格としては高いので、なかなか売れないため、きらら舎に移動しました。

多少の差があります。

カフェよりも価格を下げて11000円(税別)にて販売します。

 

Categories: 第壱標本室