中国産蛍石の欠片A~B

No Comments

 

 

4月18日に開催予定の理科室カフェ「蛍石劈開研究会」では大きな結晶を割って、そこから八面体を作ったりします。

でも、これに参加できない方のために、前回の劈開ワークショップで割った石の欠片をいくつか撮影してみました。

大きめなので、ニッパーで割るには先に鏨で、5~8mmくらいの薄さにスライス割りしておくとやりやすいです。

もちろん、このままでも十分にキレイです。

 

 

A 45.9g

窓辺に置くと、光を宿したようにも見えます。

 

光に翳すと色は薄く見えますが、色が均一でないとか縞状模様があるとか内部の状態がわかります。

スパっと平らな面は劈開面です。

 

 

B 42.8g

この上の面は劈開面ではなくって結晶面。

 

クラックが入っていますが、直線ではないので、ここに合わせて八面体にするのは難しいかもしれません(小さな八面体ならばいけます)。
しかし上のほうに真っすぐな色の変わり目があります。このあたりは劈開が素直だと推測できるので、このあたりをわって、劈開面を出し、それを手がかりに八面体にしていきます。

 

 

 

 

 

Categories: 第壱標本室