No Comments

 

カンポ・デル・シエロ隕石(Campo del Cielo Meteorite)は、アルゼンチンのチャコ州で発見された隕石です。

1576年に、現地の住人から「空からたくさんの鉄が落ちてきた」という伝説を聞き、スペイン総監が現地へ調査隊を派遣して、発見したとされています。

名前は、スペイン語で「空の草原」を意味します。

隕石については、The Meteoritical Society にてcode5247 で詳細を確認できます。

 

1969年に総重量37000kgの隕石が地中から発見されました。これまでに発見された隕石の総重量は100tを超えるそうです。

 

鉄を多く含むため、日本の気候では錆びやすいため、定期的にベビーオイルで拭くとよいようです。

 

錆びるのが怖いので袋から出さずに撮影しましたw

カンポ・デル・シエロ隕石/きらら舎

 

About the Author

かよこ さとう ()

Website: https://kirara-sha.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です