No Comments

【セリバオウレン】

Coptis japonica (Thunb.) Makino var. dissecta (Yatabe) Nakai

セリバオウレンはキンポウゲ科で、山地の林に生える小形の多年草です。

高さは10cmほどで小さく、葉はすべて根生し、セリの仲間の葉のよう(2回3出複葉)なのでこんな名前です。

この花の面白いところは、雄花、雌花、両性花が存在すること。

雄花には雄蕊しかなく、雌花には雌蕊しかなく、両性花は両方があります。

今回の標本は雄花です。

植物標本ペンダント/きらら舎

植物標本ペンダント/きらら舎

植物標本ペンダント/きらら舎

植物標本ペンダント/きらら舎

 

>>ご注文

Categories: 第弐標本室

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です