No Comments

 

 

以前、岩出菌類研究所の方に送っていただいたヤコウタケキット。

結局、菌糸の成長も見られないままとなっています。

そんな折、アメリカでヤコウタケキットを販売している会社を知り、早速注文してみました。

検閲などがあるので、輸入は無理かしらと思っていたけれど、大丈夫でした。

 

 

 

 

しかし、岩出さんのキットとは大違いで、大変そうです。

 

ログを用意しろと!

硬い樹がよい、オークとか・・・・・

 

ヤコウタケテラリウムを目指します。

 

しかし、シイタケ原木が販売されている季節は新年~春。

さすがにもう手に入りません。

菌糸のついたダボは開封しなければ持つらしいので、開けてしまったものだけ、クワガタマットに埋めてみました。

 

クワガタマットをケースに入れて湿らせて、よく混ぜました。

 

 

そこに菌糸ダボを埋めました。

 

Categories: 生物室

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です