No Comments

 

 

最近やっと気づいたのですが、蔓性植物が好きみたいです。

藤、葡萄、風船葛、凌霄花、烏瓜、クレマチス、朝顔、そして時計草・・・。

いろいろな、たくさんの蔓が伸びています。

時計草は特に好きで、何種類かあるのですが、今年は新しい仲間が加わりました。その名もピッコロッソ。

イタリア料理店のような名前です。

ピッコはきっとpiccolo。ロッソはrosso。

小さな赤い実が印象的なので、名前にも採用されたのでしょう。

 

2021年6月24日

蕾が付き始めました。

 

時計草ピッコロッソ/きらら舎

時計草ピッコロッソ/きらら舎

時計草ピッコロッソ/きらら舎

 

これを見せて、時計草の蕾だよ!といってもピンと来ない人のほうが多いかもしれません。

これから蕾が膨らんで、花が咲くのが楽しみです。

 

 

2021年7月5日

ここ数日、梅雨らしい日が続いていました。

洗濯物は乾かないし、部屋の中はじめじめしているし、メダカの飼育槽は溢れてるし、ヒゴスミレたちの出し入れは忙しいし(雨に長くあてないようにしている)・・・・・

早く梅雨明けしないかなと思っていたら、続々といろいろな花が咲き始めました。

この季節は植物にとっては最高なのかもしれません。

 

時計草/きらら舎

籠に包まれたような蕾。

 

時計草/きらら舎

時計草/きらら舎

開きました。

籠の名残がありますね。

ピッコロというだけあり、他の種類よりも花は小さめです。

 

夕刻・・・・・

カエルレアはまだ開いているのに、ピッコロッソは閉じてしまいました。

そして、丁寧に籠に包まれました。

時計草/きらら舎

時計草/きらら舎

 

 

Categories: 生物・植物室

About the Author

かよこ さとう ()

Website: https://kirara-sha.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です