No Comments

 

2019年新産の内モンゴルのピンク八面体蛍石。ミュンヘンショーの前から話題になっていて、登場してまだ日が浅いので、価格が安定していません。

 

Huanggang Mine,
Keshiketeng Co.,
Chifeng Prefecture,
Inner Mongolia,
China

 

ピンクといってもいろいろな色合いがありますが、ややサーモンピンクがかった色。

表面が緑っぽいものもあります。

数は少ないのですが、赤に近いものもあるようです。

 

毛状のインクルージョンがあり、これはブーランジェ鉱(Boulangerite)。

鉛とアンチモンの硫化鉱物です。

 

A

ピンク八面体蛍石/きらら舎

なんかね・・・・・・

とてもきっちりと八面体をしているので、始めはかなり疑っていました。

今も、ちょっと疑っていますが、たくさん流通し始めて、みんなこんな感じなので、多分、本当に天然のものなのかなあと思い始めています。

そのくらい、きっちりした八面体なのです。

最も、スペインの立方体黄鉄鉱が新産だったとして、始めてみたら、やっぱり、疑ってしまったと思いますが。

写真で色がきれいに出ません。

表面が緑がかっています。

 

ピンク八面体蛍石/きらら舎

 

ピンク八面体蛍石/きらら舎

ピンク八面体蛍石/きらら舎

 

 

B

ピンク八面体蛍石/きらら舎

ピンク八面体蛍石/きらら舎

ピンク八面体蛍石/きらら舎

 

 

C

ピンク八面体蛍石/きらら舎

ピンク八面体蛍石/きらら舎

ピンク八面体蛍石/きらら舎

ピンク八面体蛍石/きらら舎

 

 

D

ピンク八面体蛍石/きらら舎

表面の緑に加えて、インクルージョンが多いので、きれいに撮影ができません。

ピンク八面体蛍石/きらら舎

ピンク八面体蛍石/きらら舎

ピンク八面体蛍石/きらら舎

ピンク八面体蛍石/きらら舎

 

E

ピンク八面体蛍石/きらら舎

ピンク八面体蛍石/きらら舎

ピンク八面体蛍石/きらら舎

Categories: 第壱標本室

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です