No Comments

 

福建省永春のタンザナイトカラー蛍石。

新産として流通してから、価格が扱う業者で実にバラバラです。
実際、標本としてのランクもピンキリですが、すごくひどいのものは、他の産地と比べると少ないように思えます。

 

今回はとっておき標本です。

個人的にはキャビネットサイズよりもこのくらいのサイズ(名刺サイズの箱に入るくらい)の標本が好きです。

 

 

自然光下。

 

LED照明

 

 

裏面

 

 

ハイランクな標本です。
結晶の透明度も高くって、この産地特有の丸っこい結晶の形、もやもやした色合いがよくわかります。

 

 

 

 

真っ白な犬牙状の方解石を随伴しているのですが、これがピンクに蛍光します。

 

 

蛍石部分は電球色の電燈下で紫色にカラーチェンジします。

 

Categories: 第壱標本室

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です