No Comments

 

偕老同穴。カイメンの仲間です。

それの骨格標本。

詳細は >>「偕老同穴」 をご参照ください。

 

で。

これが海底に立っている時に砂地に接地している部分の毛を次の本で使う必要があり、さらに、1本まんま飾っておくのも邪魔だし、脆いのでちょっと怖いという方に向けて小分けアイテムを作ってみました。

 

偕老同穴/きらら舎

湾曲が大きいやつを1つ。

まずは真っ二つに切ってみました。

偕老同穴/きらら舎

Venus’ Flower Basket(ビーナスの花かご)という英名のごとく、硝子質の骨格は籠のようです。

これを小さくカットして、ロケットペンダントケースに入れてみました。

偕老同穴/きらら舎

ケースは磁石で閉じています。

破片を入れてパチンと閉めただけなので、中身の入れ替えもできます。

発送時にはラベルを添えます。

 

偕老同穴/きらら舎

細く切ってミニチュア試験管にも詰めてみました。

偕老同穴/きらら舎

偕老同穴/きらら舎

ミニチュアのはしごみたいです。

 

とりあえずいくつか作った分をきらら舎にアップします。

追加ではあといくつか作ることができそうですが、カットした分がなくなり次第販売終了です。

 

それから両端は切り刻むのがもったいなかったので、特別セットを作りました。

偕老同穴/きらら舎

ロケットペンダントケース入り、ミニチュア試験管入り、両端のセットです。

偕老同穴/きらら舎

毛を少し切り取っているので、一部分、虎刈りになっています。

円柱の透明ケースに入れてお届けします。

 

小分けアイテムも「偕老同穴」カートのオプションからご注文ください。

 

>>ご注文

Categories: 第弐標本室

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です