No Comments

 

 

【フジツボ】

 

フジツボ(フジツボ亜目)はエビやカニと同じ節足動物門甲殻亜門に分類されます。

しかし、歩行に用いる脚(歩脚)に相当する部分は、蔓状の蔓脚となって、海中のプランクトンを濾過して食べるために使われています。

貝のような殻とフタはエビやカニの背甲にあたります。

クラゲ採集の際に、透明なビニールのような生物のようなものがプランクトンネットに入ることがありますが、これはフジツボの殻の内部の蔓脚や外套の脱皮殻です。殻の内部で脱がれた殻は外に廃棄されるのです。

今回は、ウミウチワ、カイロイドウケツと一緒に入荷しました。

一緒に飾るととても雰囲気があります。鉱物や理化学用品とも相性がよいようです。

 

>>ご注文はこちら

 

フジツボ/きらら舎

フジツボ/きらら舎

フジツボ/きらら舎

フジツボ/きらら舎

カフェ

Categories: 第弐標本室

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です