No Comments

 

今年は忙しく、これ以上、水槽を増やせない状況なので「きらら舎生物部ホタル組」はお休みしようと思っていたのですが、メンバーからリクエストがあり、結局繁殖者の方に連絡をしてみました。

話をしてしまうと、むくむくと好奇心が膨らんでしまいます。

一番最初に幼虫を買った施設の担当者さんは、初齢から育てるのは大変だから、終齢の一つ前くらいのものを買って、1回脱皮を観察してから上陸・羽化させるのが楽ちんだと話されたので、これに従いました。

ビオトープなどの施工もしている業者さんです。

この時の幼虫は配布・譲渡してしまって、全滅してしまった方からリベンジ希望があったため、別の繁殖者の方から購入してみました。

上陸させるのが結構大変でした。

そんな話を今年も繁殖者の方にしたら、「初心者は成虫から飼うほうがいい」と言われました。

たしかにそうかもしれません。

卵を確実に産むので、まずは卵を観察し、孵化を観察し、小さな小さな幼虫を観察し、どこまで大きくできるかはわからないけれど、つまりは最初から飼育するほうが正しいような気がしてきました。

そこで、今年は6月に入ってから、成虫から始めます。

生物部メンバーの方は、幼虫→上陸→羽化 にチャレンジするそうです。

幼虫から飼育すれば夏までには蛍の舞がみられるので、幼虫から飼育もちょっと心が揺れますが(笑)

飼育方法などはこのページを更新していきます。

今後の予定(かなり希望が加算されています)

2021年6月 成虫購入、産卵、孵化の観察

~2021年4月 上陸用ビオトープづくり

2021年5月 終齢幼虫をビオトープに放つ

2021年初夏 蛍の舞(笑)

 

Categories: 生物・植物室

About the Author

かよこ さとう ()

Website: https://kirara-sha.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です