No Comments

 

ナミアゲハは柑橘系の樹木に卵を産みます。

よくできたもので、小さな樹にはあまりたくさん産みません。せいぜい3個。

孵化した幼虫は黒くてまるで鳥の糞のようです。

 

アゲハ/きらら舎

 

今回はシークワーサの樹に3匹いました。

毎日少しづつ大きくなっていました。

最初は白い線だった部分がミント色がかってきて、そろそろ鳥の糞擬態には無理があるだろうという大きさです。

 

アゲハ/きらら舎

 

昼過ぎ。脱皮しました。

 

アゲハ/きらら舎

脱皮したてはまだ薄汚れた緑色をしています。

脱いだ殻がまだ残っています。

 

やがて、この殻を食べて、少しするときれいな緑色に変化します。

 

3月くらいから羽化が始まり、成虫が飛んでいるのを見ることができます。成虫がみられるのは10月くらいまでです。

3月に羽化した蝶は初夏には卵を産み、初夏の卵は羽化して晩夏には卵を産み・・・2~5回くらい発生すると言われています。

季節はもう10月下旬。今の季節の終齢幼虫は他の季節のものよりも小さく、蛹化にも時間がかかります。無事蛹化できる個体も少ないと思われます。

最初の1匹が青虫になった翌日、東京にはとても強い北風が吹いていました。

それで2番目に大きかった4齢幼虫が飛ばされていました。

うっかり踏みそうになりました。

木の棒の先にのせて、元の樹に戻しました。

3兄弟が無事に蛹化したら、蛹の状態で越冬するので、採集して洗濯ネットに入れ、軒下にでも移動させておこうと思います。

 

 

Categories: 生物・植物室

About the Author

かよこ さとう ()

Website: https://kirara-sha.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です