No Comments

 

屋上実験室の庭。

周囲に高い建物が隣接していないため、吹きっさらし&炎天下という過酷な環境です。

レモンは寒さにやや弱いので、冬には寒冷紗を巻き付けたりしてみましたが、吹きっさらしなので、巻き付けた寒冷紗はいつもぶっ飛んでしまっていました。

常緑樹のはずなのですが、落葉してしまい、越冬は無理かなと思っていたところ、春になって臙脂色の小さな若葉をつけ始めました。

よかった・・・生きてたのね、と安心したのもつかの間、黒い鳥の糞のような毛虫のようなものが付いています。

(ここから先は虫の写真が続くので、嫌いな方は見ないようにしてください)

 

 

 

一昨年はサンショにいたアゲハの幼虫です。

サンショの葉は小さいので、一頭だけで小さなサンショの樹の葉をほぼ食べ尽くしてしまいました。

レモンは葉っぱが大きいから、大丈夫かな・・・・・

アゲハ/きらら舎

これは1齢でしょうか。

生まれたばかりの幼虫はまだ柔らかい葉っぱしか食べることができません。

アゲハ/きらら舎

臙脂色の新しい葉っぱがかじられてます。

まずはこれを食べていたのでしょう。

そして少し大きくなったので、下に降りてきたというところかな。

 

アゲハ/きらら舎

もう少し大きな子もいました。

これは2日目くらいでしょうか。

レモンを2頭でシェアするのは、レモンが可哀そうなので、隣のスダチに大きなほうを移しました。

アゲハ/きらら舎

何かに似てる・・・・・

最近、こんなのを見た気がする・・・・・

 

そうです。ウミウシに似てるのでした。

喰われても惜しくない、変な葉っぱに乗せたのに、数分後にはしっかり移動して美味しそうな葉を食べていました。

アゲハ/きらら舎

 

お母さん(アゲハ蝶)は蜜を吸うのに、ちゃんと子供が食べる葉に卵を産むのがすごいなあって思います。

 

一応書き足しておきます。

本当は、わたしは虫が苦手です。

Categories: 生物室

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です