No Comments

【蛍石八面体劈開片/Fluorite】

Cave in Rock,
Illinois,
U.S.A.

イリノイ州の八面体蛍石。
鉱山が2006年にすべて閉山したため、最近はかなり流通量が減っています。
今回は久しぶりに少し大き目なものを入手しました。

 

A ¥1200

優しい紫色。縞々がきれいです。

 

 

B ¥1000

角が一つ欠けているのですが、その断面が紫色で面白いです。

 

 

C ¥900

色は水色で劈開面もきれいです。ただし角が一つ欠けています。
その角を下にしておけば安定します

 

 

D ¥900

今回の透明分、すべてなんか真っ白ではなくアンティークホワイトな感じです。

 

 

E ¥1200

今回の入荷分では大き目なほう。
不思議なニュアンスのある色相で、見る角度によって雰囲気が変わります。
角は1つ、少しだけ欠けているのですが、その断面がさらに不思議な色で見る角度によって紫や青、ファインダー越しだとメタリックな感じにも見えます。

 

 

F ¥1000

これも不思議な色。

 

 

G ¥1000

クラックというほどではないのですが、全くの透明でなく、その結果魚眼石的なぼうっとした明るさがあります。

 

 

H ¥1200

アンティークホワイトの大き目な八面体。
透明感もあります。

 

 

I ¥1200

写真では写せていないのですが、ある角度で縞が見えます。

 

 

J ¥1200

 

 

K ¥1000

Categories: 第壱標本室

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です