No Comments

【タコクラゲ】

刺胞動物門
鉢虫綱
根口クラゲ目
タコクラゲ科
タコクラゲ属
タコクラゲ

学名:Mastigias papua Lesson, 1830
英名:Papuan jelly
Spotted jelly
Lagoon jelly
Golden medusa

 

タコクラゲもサカサクラゲと同じ鉢虫綱根口クラゲ目のクラゲ。
メドゥーサ(ポリプじゃなくてクラゲ時代)は全く姿が違うのですが、ポリプはそっくりです。

 

タコクラゲのポリプ。

 

サカサクラゲより丸っこい形です。
ポリプの増殖のしかたはサカサクラゲと同様です。

ポリプにイボのような粒ができ、これがプラヌロイドとして水中に泳ぎ出し、どこかに固着してポリプになります。

 

 

クラゲは1つのポリプから1つでます。
先っちょがクラゲの形になってきて、やがて拍動して遊離していきます。

 

先月、タコクラゲポリプ壜で一斉にストロビレーションが起こってしまい、たくさんのポリプの先にクラゲがピコピコしだしました。
しかし、サカサクラゲでは数日で遊離するものが2週間経過してもポリプについたままなのです。
上の写真ではポリプの触手が伸び始め、くっついているエフィラに「はやく出て行ってよ!」といわんばかりです。

そんな折、本の作業が忙しくなってしまい、あまり観察もしないまま、時々ブラインシュリンプを壜に投入するという状態でした。

久しぶりにタコクラゲポリプびんをみるとたくさんの小さなエフィラがいました。

 

 

タコクラゲのエフィラはサカサクラゲよりも小さく、撮影しづらいので、スマホ顕微鏡で撮影してみました。
倍率が高いやつで撮影してしまったので大アップです。

サカサクラゲはエフィラは丸い傘の縁は多少ぎざぎざしているものの、すでにサカサクラゲっぽいのですが、タコクラゲのエフィラはミズクラゲにそっくりです。
しかし、こうやって大アップでみてみると、タコクラゲならではの水玉模様がすでにあります。

Categories: 生物室

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です