No Comments

 

 

【蛍石/Fluorite】

Okorusu Mine,

Otjiwarongo District,

Otjozondjupa Region,

Namibia

 

ナミビア産の蛍石が届きました。

 

 

少し前に、第一弾が届いていて、これは2箱目です。

今回は小さ目なハイランク結晶もあります。

 

立方体の小さなアクアリウムみたいです。

結晶の透明度が高いので母岩が透けて見えていて、それが海底みたいだったりします。

 

立方体の縁が際立って色がついていたり、縁に平行に内側に入れ子のようなラインが見えるものがあって、それはエッジと呼ばれていますが、この産地のものは、内部に45度ずれて模様が見えます。

今回入荷した標本は主に緑色が主体ですが、紫の部分もあって、角度によって色が混ざって見えます。

ブラックライトで青く蛍光します。

 

12日のカフェで販売後、少しづつ撮影してきらら舎にアップします。

なお、A.D.NÉEL2店舗にも納品するほか、

1月下旬にナチュラルヒストリエ(池袋三省堂4F)に、現在のきらら舎コーナーとは別に鉱物コーナーを作って、そこでも販売します。

Categories: 第壱標本室

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です