No Comments

 

 

【蛍石/Fluorite】

Riemvasmaak,

Northern Cape,

South Africa

 

エメラルドグリーンの蛍石。

新産としてミネラルショーに登場した時は車が1台買えるほどの高額だったそうです。

石英の衣をまとっているので、これを溶かして蛍石を露出させることが最初は難しく、それが価格に反映していたのでしょう。

現在では酸できれいに溶かし、さらにわざと石英・水晶部分を残していたりもします。

 

蛍石の多くは立方体の結晶が多いのですが、これは自結晶が八面体をしています。

 

八面体がわかる結晶です。

砂糖でコーティングされた和菓子みたいですが、白い部分は石英。

 

 

ブラックライトで爽やかな青色に蛍光します。

 

Categories: 第壱標本室

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です