No Comments

ドイツ黒い森の蛍石。

 

シュヴァルツヴァルト(Schwarzwald)。

ドイツ語で黒い森。

ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州に位置する森で、森の木の多くは植林されたドイツトウヒです。ドイツトウヒ(学名:Picea abies)は別名オウシュウトウヒ(欧州唐檜)とも呼ばれる常緑針葉樹高木です。

密集して植えられたトウヒの木によって、森の中は常に暗く、外から森を見れば黒く見えることからそう呼ばれています。

グリム童話に出てきそうですね・・・・・

 

 

【蛍石/Fluorite】
Oberkirch-Hesselbach,
Schwarzwald,
Germany

 

 

 

 

 

 

 

どれも大きな塊で、ブラックライトで青く蛍光します。

小さく割ってクラフトに使ったり、八面体に割ったりしてお愉しみください。
実際に前回の蛍石八面体劈開割りワークショップでは八面体を作ってみました。

9月1日の蛍石八面体劈開割りワークショップでも割ることができます。

Categories: 第壱標本室

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です