No Comments

 

 

2022年5月21日(土)

 

カギノテクラゲとマクサが届きます。実は 5/7(土)に届くことになったため、予定より早めました。

届き次第、カギノテクラゲの放精放卵を実験しておきます。うまくいったら当日にも精子と卵を用意しておきます。

(1) 防御眼鏡をしてカギノテクラゲの生殖巣を観察

(2) 予め採取しておいた精子と卵で受精実験

(3) 一応、放精・放卵の様子も観察します。フタを閉めたままでセットできるケースに入れたクラゲをみなさんに1匹づつお渡しします。4時30分頃にセットして5時30分頃に観察します。

 

また、21日までにはプラヌラを抱えたミズクラゲが届く予定です(間に合わなかった場合は届き次第臨時生物部の日をします)。

 

ミズクラゲ/きらら舎

ミズクラゲ/きらら舎

 

いつもどおり、プラヌラを観察します。観察だけであれば無料で、お持ち帰りになる場合は¥1100かかります(採集者さんへの支払いに充てます)。

容器もお持ちいただければ幸いです。

プラヌラをお渡しする際に、育児嚢の破片が入ると思います。これがとても面白いので、合わせて観察してみてください(動きます)。

 

ミズクラゲ/きらら舎

 

 

ミズクラゲのプラヌラは通販もします。プラヌラは育児嚢から巣立って5日ほどでポリプになります。プラヌラも観察したい方は、ツイッターをチェックして、できるだけ早めにご注文ください。

ポリプにならずにエフィラになった場合は、発送での販売はしません(プラヌラの状態であれば発送可能です)。

 

>>ご予約

 

 

Categories: 生物・植物室

About the Author

かよこ さとう ()

Website: https://kirara-sha.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。