No Comments

 

若い頃、ウェッジウッドに描かれていたワイルドストロベリーの絵が好きだった記憶から、屋上実験室の周りでワイルドストロベリーを育てています。

まあ、それ以外にも、あまりメジャーではない植物がたくさんあります。

真夏の暑さも乗り越え、もうすぐ12月だというのに、小さな赤い実をたくさんつけています。

ワイルドストロベリー/きらら舎

春にも咲いて実をつけていましたが、今の時期のほうが実も大きく、たくさん成っています。とにかく丈夫です。

実は食べることができるようで、ジャムなどを作るのが一般的みたいです。実の香はかなり芳しいです・・・・・が、そのまま放置していたら、下に小さな芽がたくさん出てきました。

もともと屋上には鳥もたくさん来ますし、隣接した高い建物がないので、吹きっさらし・・・いろいろな種も飛んでくるのでしょう。

プランターからは植えた記憶のないいろいろな植物が出てきます。

雑草として引っこ抜かずに、それが何の植物なのかを確認するのも楽しみの一つです。

ワイルドストロベリーの鉢に生えた小さな芽は、成長してぎざぎざの三つ葉になりました。どうやら、放っておいた実が完熟して種ができ、それが落ちて芽が出たものだったようです。

ワイルドストロベリー/きらら舎

密集している部分もあり、何より、親株の下で陽当たりも通気も悪いので、何株かを掘り起こして種まき用のポットに植えてみました。

ワイルドストロベリー/きらら舎

ワイルドストロベリー/きらら舎

 

Categories: 生物・植物室

About the Author

かよこ さとう ()

Website: https://kirara-sha.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です