No Comments

海生植物プランクトン(渦鞭毛藻)です。

Pyrocystis fusiformis (ピロキスティス・フィシフォルミス)

三日月型の細胞の真ん中に核があり、ルーペで見ると三白眼がたくさん浮かんでいるようです。

葉緑体を持ち、光合成をします(餌は不要です)。
細胞内に渦鞭毛藻が二つでき、これが泳ぎ出て二つになります。二分裂による無性生殖で増えます。

 

 

販売は培養フラスコ(250ml)に入れてお送り・お渡しします。

このまま培養してもいいのですが、三角フラスコ(耐熱ガラス製のもの)がインテリアにもなって素敵です。

 

 

 

新しい容器は、熱湯で滅菌しておいてください。

 

栓はコルク栓でかまいません。栓も滅菌してください。洗剤や消毒アルコールは厳禁です。
栓がない場合はアルミホイルでフタをしておいてください。

 

海水を用意できる場合は1.023~1.025で作っておいてください。

 

飼育(培養)はいたって簡単。

 

室内の直射日光が当たらない明るい場所に置きます。
適正温度は15~25度。
この緩やかな光で光合成をします。

 

夜は10時を過ぎたら、部屋の明かりの当たらない場所へ移動してください。
黒い紙や箱をかぶせてもいいでしょう(温度に注意)。
こうして、昼と夜のサイクルをきちんと作ると、暗くしてから数時間後に刺激を与えると青く発光します。

このような習性を「概日性リズムを持つ」といいます。
微生物なのに昼夜がわかるってすごいですね。

 

ただ、面白がってしょっちゅう光らせていると弱ってしまいます。
また、発光で出た物質で水質が悪化します。

 

夜中に目が覚めた時に、ちょっとたたいてみる・・・・・くらいが長く培養するコツです。殖えてきたなと思ったら、植え継ぎをしてください。

 

植え継ぎは・・・

新しい容器をもう一つ用意して、そこへ飼育している分を半分ほど注ぎ入れ、海水をいれます。
もとの容器にも海水を注ぎます。

 

 

Categories: 生物室

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です