No Comments

 

 

Pyrocystis fusiformis (ピロキスティス・フィシフォルミス)

渦鞭毛藻の一種、海洋性プランクトンです。

 

詳細は以前のノート ピロキスティス をご覧ください。

 

 

ピロキスティスは錘形の細胞壁の中に細胞膜があり、真ん中に葉緑体と核があります。

 

 

 

生活史は、まず細胞壁から細胞膜が遠ざかるようにして縮んできます。

そして、1~2個の遊走子が形成されます。

 

これが細胞壁を突き抜けて外に出ます。だから遊走子という名前がつけられています。

これだけがふらふらしているところを撮影してみたいのですが、モバイル顕微鏡下ではまだ出会えていません。

 

鎧板とよばれるカプセルに入った状態で、鞭毛によって泳ぎ、カプセルがパカっと割れて栄養細胞が放出されます。

栄養細胞は成長しておなじみのピロキスティスの形になります。

 

 

今の時期が、生活史のいろいろな段階を観察しやすいと思います。

 

Categories: 生物室

About the Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です