No Comments

 

2021年2月28日

ヒゴスミレとウスベニヒゴを買ってきて植えてみました。

両方ともよい匂いのするスミレです。

ヒゴスミレは白。

ヒゴスミレ/きらら舎

ヒゴスミレ

 

ウスベニヒゴはうっすらとピンクです。ヒラツカスミレとも呼ばれます。

ヒゴスミレとエイザンスミレを掛け合わせてできた品種です。

ウスベニヒコ/きらら舎

ウスベニヒゴ

エイザンスミレは漢字では「叡山菫」と書きます。比叡山に生息していたことが名前の由来です。

スミレには交雑種が多く、エイザンスミレも県によってはレッドリスト指定になっています。

スミレ属は世界の温帯に約400種があり、日本には約50種があるとされています。近い種で多数の交雑が起こっているので、元の種を守っていくことも大切ですが、交雑した結果の進化も調べてみたいところです。

ヒゴスミレは香がよく、その親を持つウスベニヒゴもよい香りです。

スミレの香がピンと来ない方は、スミレの花の砂糖漬けの香を思い出してみてください。

 

2021年5月20日

買ってきてから約3か月。最初の花が終わった後に、また咲き始め、ウスベニヒゴには種もできています。

ウスベニヒコ/きらら舎

これがやがて3つに裂けます。

ウスベニヒコ/きらら舎

隣の葉っぱにピントが合ってしまいました(>_<)

ここで収穫します。

指で鞘を折って、種を採ります。いくつかを採り蒔き(あるいはこぼれ種)としてプランターの中に落として発芽を期待します。

完熟していなければ(未完熟)、ここから一週間くらいで発芽するはずです。

完熟している場合は、一度低温にあてる必要があります。

ウスベニヒコ/きらら舎

ウスベニヒコ/きらら舎

小さなタッパに湿らせた川砂と混ぜて冷蔵庫に入れました。

今から約2ヶ月ほど冷やしてから種蒔きします。

 

2021年6月30日

ヒゴスミレたちのプランターにまた種ができていたので、今回はそのまま蒔いてみました。

ヒゴズミレ/きらら舎

 

このスミレはいや地をする(連作を嫌う)ので、こぼれ種では発芽は無理かなと思っていたら、1つだけ芽が出ていました。

多分、スミレだと思うんだけど・・・植え替えてみました。

ヒゴズミレ/きらら舎

ヒゴズミレ/きらら舎

梅雨時期には雨の日は軒下に避難させ、梅雨明け後は若干の日除けをしつつ、日向で管理します。

 

 

 

 

Categories: 生物・植物室

About the Author

かよこ さとう ()

Website: https://kirara-sha.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です